speak と talk の違い

このページの読了時間:約38

英語で「話す」を表す speak と talk ですが、どう違うのかわかりにくいですよね。この記事では、speak と talk のコアイメージを元に、speak と talk の違いを解説しました。

speak と talk のコアイメージ

speak のコアイメージ

speak のコアイメージは「声を発する」です。

speak は必ずしも相手とのやり取りを意味しないことがポイントです。

talk のコアイメージ

talk のコアイメージは「お互いに話し合う」です。

talk は相手と口頭でやり取りを行うイメージです。一方だけが話す場合は使えません。

speak と talk の違い

例文:I need to speak to you.(あなたに話しておく必要がある)

speak を使うと、聞き手との間に少し距離がある感じになります。

ここから「公式な打ち合わせ」や「話し合う内容が重要」、「お互いにそこまで親しくない関係」といったイメージが出てきます。

また基本的に speak は話し手から聞き手へという流れのイメージがあるため、話し手に焦点が当たっている表現になります。

この例文は、仕事で上司が部下に対して用いるとしっくりくるようなフレーズだと言えます。

例文:I need to talk to you.(あなたと話し合う必要がある)

talk を使うと、聞き手との距離が近くなります

ここから「気軽な打ち合わせ」や「お互いに親しい関係」といったイメージが出てきます。

また talk は話し手と聞き手の間でやり取りが行われるイメージがあるため、話し手だけでなく聞き手にも焦点が当たります

まとめると、友だちや同僚、夫婦間で何か話したいことがあるときに用いるとしっくりくるようなフレーズだと言えます。

speak と talk の主な用例

speak の主な用例

例文:He speaks three languages.(彼は3ヶ国語を話します)

speak は言語を話すときにも用いられます。talk は言語を話すことに対しては使えません。

例文:This is Taro speaking. Is Shinichi there?((電話にて)太郎ですけれど、信一はいますか?)

相手に電話をかけたときの定型フレーズです。speaking は省略されることもあります。

talk の主な用例

例文:We should stop meeting like this. People will talk.(僕たちこんな風に会うのはやめるべきだよ。みんなが噂するよ)

talk は「お互いに話し合う」イメージから、「うわさ話をする」意味が派生します。

まとめ:speak と talk の違い

英単語 コアイメージ 違い 話し手と聞き手の距離感
speak 声を発する 発話 離れている
talk お互いに話し合う 対話 近い

say と tell の違いについては以下の記事を参照ください。

英語で「言う」を表す say と tell ですが、どう違うのかわかりにくいですよね。この記事では、say と tell のコアイメージを元に、say と tell の違いを解説しました。

【英語教材・英会話教材をお求めの方へ】

基本的な英単語のコアイメージをつかむことはとても大切!一日一つ基本英単語のコアイメージを学んでいける英会話エクスプレス6ヶ月コース』で、無理なく英語のイメージを貯金していきましょう。

experss_6months

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

コメント

  1. EveryCrime より:

    speakとtalkの違いはそんなに難しくないので、私にはあまり参考にはなりませんでしたが、それでも絵を使って分かり易く解説してありましたので、初心者にはすぐ理解できる記事と思いました。コアを使うと、パッと見ただけでわかりますので、とても良いです。記事の長さも丁度よく、内容も良いです。

  2. ごろう より:

    speakとtalkの意味の違いは漠然と理解していたが、距離感の問題もあるという部分(speakが離れていて、talkが近いという感覚)には目から鱗だった。

  3. あかね1109 より:

    非常に完結でわかりやすい記事でした。とても実用的な内容で、「speak」と「talk」のニュアンスの違いを一発で理解することができました。とても良い記事だと思います。
    「speak」の「言語を話す」や「talk」の「うわさ話をする」という意味についても、派生したイメージがつかみやすくとても理解しやすかったです。