speakとtalkの違い

このページの読了時間:約347

speakとtalkの違い

同じ「話す」を表す英単語にspeakとtalkがありますよね。何となく違いはわかるのですが、「Aと話す」という意味のspeak to Aとtalk to Aのように違いがわからないものもあります。どう違うのか教えてもらえますか?

スポンサーリンク

質問「speakとtalkの違い」への回答

まず「話す」に当たる主な英単語としてsay、tell、speak、talkがあります。speakとtalkは「話す行為」を表現するときに使われ、sayとtellは「話した内容」を表現するときに使うという違いがあります。

今回は「話す行為」を表すspeakとtalkの違いについて、「あなたと話す必要がある」という例文を元に解説します。

speakのコアイメージ

speakのコアイメージは「声を発する」です。

speakは必ずしも相手とのやり取りを意味しないことがポイントです。

talkのコアイメージ

talkのコアイメージは「お互いに話し合う」です。

talkは相手と口頭でやり取りを行うイメージです。一方だけが話す場合、talkは使えません

speakとtalkの違いを例文で確認

例文:I need to speak to you.(あなたに話しておく必要がある)

speakを使うと、聞き手との間に少し距離がある感じになります。

ここから「公式な打ち合わせ」や「話し合う内容が重要」、「お互いにそこまで親しくない関係」といったイメージが出てきます。

もちろん、すべてが当てはまるわけではありません。お互いに離れている感じから、そのような場合に使われやすいというだけです。

また基本的にspeakは話し手から聞き手へ一方通行のイメージがあるため、話し手に焦点が当たっている表現になります。

まとめると、仕事で上司が部下に対して用いるとしっくりくるようなフレーズだと言えます。

例文:I need to talk to you.(あなたと話し合う必要がある)

talkを使うと、聞き手との距離が近くなります

ここから「気軽な打ち合わせ」や「お互いに親しい関係」といったイメージが出てきます。

またtalkは話し手と聞き手の間でやり取りが行われるイメージがあるため、話し手だけでなく聞き手にも焦点が当たります

まとめると、友だちや同僚、夫婦間で何か話したいことがあるときに用いるとしっくりくるようなフレーズだと言えます。

speak, talkをもっと詳しく知る

speakの主な用例

例文:He speaks three languages.(彼は3ヶ国語を話します)

speakは言語を話すときにも用いられます。talkは言語を話すことに対しては使えません。

例文:This is Taro speaking. Is Shinichi there?((電話にて)太郎ですけれど、信一はいますか?)

相手に電話をかけたときの定型フレーズです。speakingは省略されることもあります。

talkの主な用例

例文:We should stop meeting like this. People will talk.(僕たちこんな風に会うのはやめるべきだよ。みんなが噂するよ)

talkは「お互いに話し合う」イメージから、「うわさ話をする」意味が派生します。

なお、第三者の噂が会話のネタになりやすいのは、日本文化も英語文化も同じです。

「speakとtalkの違い」まとめ

英単語 コアイメージ 違い 話し手と聞き手の距離感
speak 声を発する 発話 離れている
talk お互いに話し合う 対話 近い

コアイメージ再掲

話した内容」を表すsayとtellの違いについては以下の記事を参照ください。

sayとtellは同じ「言う」を表しますが、どういう違いがあるのでしょうか。その違いをそれぞれのコアイメージを元に解説します。両単語の意外な奥深さにびっくりするかもしれませんよ(^^)