seeとlookとwatchの違い

このページの読了時間:約413

seeとlookとwatchの違いは?

seeとlookとwatchはすべて同じ「見る」という意味ですが、どういう違いがあるのでしょうか?

質問「seeとlookとwatchの違い」への回答

動詞see, look, watchの違いを「その男を見た」という例文を元にイメージで解説したいと思いますが、その前にそれぞれの英単語のコアイメージを確認しておきましょう。

seeのコアイメージ

seeのコアイメージは「何かが視界に入る」です。

目を使って何かを見るというよりも、自然と視界に入ってくる・見えるという感じです。

lookのコアイメージ

lookのコアイメージは「視線を向ける」です。

lookは意識的に目を向ける、視線を走らせるイメージです。

watchのコアイメージ

watchのコアイメージは「動きに意識を向ける」です。

watchは目というよりも、意識を向けるイメージです。

seeとlookとwatchの違いを例文で確認

例文:I saw / looked at / watched the guy.(私はその男を見た)

I saw the guy. は「その男を見かけた」という意味です。「視界に入ってきた」というニュアンスを含んでいます。

I looked at the guy. は「その男に視線を向けた」という意味です。「視線を意識的に走らせた」というイメージです。

I watched the guy. は「その男の挙動をじーっと見た」という意味です。その男が何をするのか、しばらくの間、見続けたというニュアンスを含んでいます。

see, look, watchをもっと詳しく知る

seeとlookとwatchの違いは以上ですが、もう少し詳しく各単語のイメージを見ていきましょう。

seeの主な用例

例文:I will see you tomorrow.(また明日)

seeは「視界に入ってくる」ですが、その視界に入ってきた相手と接触があった場合は「会う」という意味にもなります

例文:I see.(なるほど)

「物事が見える」ことから「わかる、把握する」という意味が派生します。

lookの主な用例

例文:I’m just looking.(見ているだけです)

lookは「視線を向ける」。lookingは視線を移している状態を表しています。

店員さんにMay I help you?(何かお手伝いしましょうか?)と言われて、買う気はないことを伝えたいときに使うフレーズです。

例文:I’m looking for Tom – have you seen him?(トムを探しているんだけど…、見なかった?)

look forは「~を求めて視線を移す」イメージから「~を探す」という意味になります

また、have you seen him? のseeは「彼を視界に入れなかった?」という感じです。

watchの主な用例

例文:We sat and watched the sunset.(私たちは座って日が沈むのを見つめ見つめた)

watchは「動きに意識を向ける」なので、沈みゆく夕日をじーっと見ているイメージです。

例文:Watch your step.(足元に気をつけて)

watchのポイントは「意識」です。そこから転じて「気をつける」という意味でも用いられます。

see a movieとwatch TVの違い

  • see a movie(映画を見る)
  • watch TV(テレビ番組を見る)

同じ「映像を見る」でも、映画の場合はsee、テレビ番組の場合はwatchが使われます。

昔、映画は映画館で見るものであり、画面の大きさが視界ほどあったため、seeが用いられています。

一方でテレビ番組は小さな画面であり、その画面に焦点を絞って動きを見るというイメージからwatchが用いられているわけです。

「seeとlookとwatchの違い」まとめ

英単語 コアイメージ その他の用例
see 視界に入れる 会う、把握する
look 視線を向ける 視線を移す、~を探す(look for)
watch 動きに意識を向ける 気をつける

コアイメージ再掲