“This one please.” の please は「ください」ではない?

このページの読了時間:約452

“This one, please.”

今井 pleaseを解説した前回の記事を読んだ友人から質問があったんですが、うまく答えられなかったんです。申し訳ないのですが、教えてもらえませんか?

お店の人に注文するときに “This one, please.” って言うけど、この please はどういう意味なの?「これください」の「ください」って意味じゃないの?

“Please.” で「ください」の意味にはならないの?

遠藤 ビッキーと今井くんは、この “This one, please.” ってフレーズに対してどういうイメージを持っているの?

ビッキー やっぱり please がついているので politeness(丁寧)のイメージはあります。うーん…、それ以上は考えたこともありません。

 僕は “This one, please.” は「これください」ってことで、それ以上でもそれ以下でもない感じですね。でも、please は「欲しい」とか「買います」という意味での「ください」とは違うと思います。

 …で、実際のところはどうなんですか?

 結論から言うと、please は「ください」に対応する単語ではありません

 やっぱりそうなんですね。じゃあ、「ください」はどこに行ったのですか?

“This one, please.” の「ください」はどこに?

 ビッキー、この “This one, please.” をちゃんと主語や動詞を使って言うとしたら、どういう英文になりますか?

 うーん、そうですね…。”Can I have this one, please?” とか “I’d like this one, please.” とかですね。

 そうなりますよね。そういった表現が省略されて “This one, please.” という3つの単語になっているわけです。そしてここで重要なのは、その省略されている Can I have や I’d like の部分が「ください」に当たるということです。

 むむむっ…。じゃあ、この please って何ですか?

“This one, please.” における please の正体

 この please も、前回と同じように “if it please you” が省略されたもので「お願いします」という意味になります。

 つまり、”This one, please.” は「これをひとつもらえますか?お願いします」を表しているわけですね。

 なるほど…。でも、わざわざ「お願いします」って意味で please をつけるのは、正直面倒くさいですね。

 私の場合は、たとえファストフード店で注文するような場合でも、please をつけなかったら偉そうな印象を受けるかな。アメリカでも、しつけとして親は子どもに please をつけるようによく言っている気がします。

 そのあたりは日本と同じだと思います。うちの子もよく「◯◯して」と言うので、「『◯◯してください。お願いします。』って言おうね」とフォローしたりしますから。まあ、小さい間だけですけどね。

 (これじゃあ、まるで僕がしつけに失敗した子みたいじゃないか…)

“Can I have this one, please?” と言ったほうがよい時

 あと、ファストフード店やおみやげ屋さんなどのカジュアルなお店では “This one, please.” で大丈夫ですが、もう少しフォーマルなお店ではちゃんと “Can I have this one, please?” まで言ったほうが良いですよ。

 あ~。”This one, please.” だと「これをひとつ。お願いします」としか伝えていないからか…。

 それで思い出したんですけど、友だちのネイティブと一緒に海外旅行で飛行機に乗っていたときに、僕がキャビンアテンダントさんに “Coffee, please.” ってお願いしたんです。

 そうしたら、友だちのネイティブに「そこは “Can I have a cup of coffee, please?” だろ」って言われたんです。これって「コーヒー。お願いします」と伝えていたからってことですね。

 こちらからお願いするときは、ちゃんと文章にしておいたほうがいいね。そうしないといくら please がついていても、ぶっきらぼうな感じになってしまうからね。

 でも、キャビンアテンダントさんから “Would you like to have some tea or coffee?” って聞かれたときには “Coffee, please.” だけでも大丈夫ですよ。

 そうですね。私も相手に依頼をするときはちゃんと疑問文を使いますが、向こうからの提案への返答についてはそこまでこだわりませんね。

まとめ:”This one, please.” の please について

 オーケー。では、本日の話をまとめておきましょうか。

  • please は「ください」ではなく「お願いします」を表す。
  • 「ください」の意味は、省略されている部分(”Can I have”, “I’d like” など)にある。
  • こちらから依頼するときは “Can I have this one, please?” のように省略せずに述べたほうがよい

 よく分かりました。友人にも伝えておきます。ありがとうございました。

【お知らせ】

英語文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1 imagetrace_banner1 grammar-imagelink-modal-auxiliary-verb_banner grammar-imagelink-verbals_banner experss_6months

シェアする