新着記事

alone と by myself と on my own の違い

alone, by myself, on my own はどれも「一人で」という意味で、違いがわかりにくいですよね。この記事では、alone, by oneself, on one’s own のイメージを元に、alone, by myself, on my own の違いを「動作を表す動詞の場合」「状態を表す動詞の場合」にわけて解説します。

up to の意味・用法まとめ

up to は up to you(あなた次第)が有名ですが、他にもたくさん用法もあります。この記事では up to のコアイメージから、up to の持つ意味・用法(「接近・満たす」「次第」「最大」「予定・企て」「挨拶」)について解説します。

What’s up? の意味と答え方

英会話で What's up? と言われたら、どう返したらいいのでしょうか? この記事では、What's up? のイメージを元に、What's up? の意味と返事の仕方を、「話の取っかかり」「掛け声」「相手に尋ねる」として使われるパターンごとに解説しました。

by と through の違い

by と through は同じ「~を通じて」という方法・経由を表す意味を持っていますが、どう違うのでしょうか?この記事では、by と through のイメージを元に、by と through の違いを解説しました。

near, by, beside の違い

near, by, beside は「~のそば」という意味ですが、どう違うのでしょうか?この記事では、near と by と beside のイメージを元に、near, by, beside の違いを解説しました。near, by, beside の練習問題もあります。

付帯状況を表す with+O+C の意味・用法まとめ

分詞構文に出てくる「付帯状況を表す with」は「~しながら、~して」という意味になりますが、形式「with+O+C」の C には様々な語句が入るのでわかりにくいですよね。この記事では、付帯状況を表す with のイメージを元に、付帯状況を表す with の用法を解説しました。

「take 物 with 人」で “with 人” が必要な理由

Take an umbrella with you.は「傘を持っていきなさい」という意味ですが、なぜ with you は必要なのでしょうか? with のイメージを元に、「take 物 with 人」の意味を解説しました。類似表現の「have 物 with 人」の意味も記載しています。

前置詞 with のイメージと意味・用法まとめ

前置詞 with は「~とともに」という意味が有名ですが、with a knife(ナイフで)のように「~とともに」では捉えられない用法もあります。この記事では with のコアイメージから、with の持つ意味・用法(「対象」「付随」など)について解説します。