遠藤雅義(Endo Masayoshi)一覧

for と during の違い

for と during は「~の間」という同じ日本語訳になるので、わかりにくいですよね。この記事では、for と during のコアイメージを元に、for と during の違いを解説しました。

前置詞 for のイメージと意味・用法まとめ

前置詞 for は「~のために」という意味が有名ですが、それ以外にも「賛成する」や「対価」など「~のために」では捉えられない用法もあります。この記事では for のコアイメージから、for の持つ意味・用法(「向かう先にあるもの」「代わりを提示する」「範囲・期間」「予定日時」など)について解説します。

前置詞 to のイメージと意味・用法まとめ

前置詞 to は「~に」という意味が有名ですが、3 to 1(3対1)のように「~に」では捉えられない用法もあります。この記事では to のコアイメージから、to の持つ意味・用法(「方向と到達点」「範囲・限界」「結果」「結合」「対比」など)について解説します。

前置詞 on のイメージと意味・用法まとめ

前置詞 on は「~の上に」という意味が有名ですが、on fire(火事になっている)のように「~の上に」では捉えられない用法もあります。この記事では on のコアイメージから、on の持つ意味・用法(「表面上にある」「手段・媒体」「テーマ」「時に関する表現」など)について解説します。

前置詞 in のイメージと意味・用法まとめ

前置詞 in は「~の中」という意味が有名ですが、in pencil(鉛筆で)のように「~の中」では捉えられない用法もあります。この記事では in のコアイメージから、in の持つ意味・用法(「場所」「時間」「方向」「方法」)について解説します。

前置詞 at のイメージと意味・用法まとめ

前置詞 at は「点」のイメージでよく説明されますが、at lunch(昼食中)のように「点」では捉えられない用法もあります。この記事では at のコアイメージから、at の持つ意味・用法(「点」「点に向かう動き」「場における活動」「特定の期間」)について解説します。

be動詞の意味・用法まとめ

be動詞を「ですます」で覚えていませんか?この記事では、be動詞のコアイメージを元に、be動詞の意味・用法(「存在」「状態」「名前や数」)を例文解説しました。be動詞の活用形(過去形など)も記載しています。

分詞構文とは何者なの?分詞構文の意味や書き換えをイメージでわかりやすく解説しました!

英語の分詞構文とは何者なのか、わかりにくいですよね。この記事では分詞構文のイメージを元に、分詞構文の意味・用法(「時」「理由」「結果」)を例文解説しました。分詞構文での否定や接続詞 as などを使った書き換えについてもまとめています。