第41章 SVO to do(want 人 to do, tell 人 to do など)

このページの読了時間:約19

imagelink_banner1

want 人 to do(人に~してほしい)

例文:I want you to play soccer.(私はあなたにサッカーをしてほしい)

want you to play soccer で「あなたにサッカーをしてほしい」という意味になります。

want 人 だけだと「人が欲しい」という意味になりますが、そのまま to do を続けることで、その人を do の方に振り向かせるイメージになります。一連の流れをつなげて「人が~することを欲する」→「人に~してほしい」となります。

このとき「人」は want の目的語ですが、to do の主語にもなっています。このように英語では、1つの単語に2つの役割をもたせることがあります。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

tell 人 to do(人に~するように言う)

例文:She told me to study more.(彼女は私にもっと勉強するように言った)

told me to study で「私に勉強するように言った」という意味になります。want のときと同様に、「人」は tell の目的語でありつつ、to do の主語にもなっています。

want や tell 以外に、ask(尋ねる、頼む)も同じような形をとります。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ