第39章 形式主語構文 It is ~ (for …) to do

このページの読了時間:約341

imagelink_banner1

It is ~ to do(…することは~です)

例文:It is interesting to visit foreign countries.(外国の国々を訪れるのは面白いです)

例文における it を「形式主語」と呼びます。It is interesting(面白いです)→ to visit foreign countries(外国の国々を訪れることは)という意味になります。

形式主語

形式主語は、英語では dummy subject本物の替わりとなる主語)と呼ばれています。しかし、どうして it が形式主語として使われるのでしょうか。これまで出てきた it の用法と絡めて、it のイメージを確認しておきましょう。

it は「それ」という意味で使われる以外に、「前述の物そのものを引き継ぐ it」や「時・天候・状況などを表す it」としても使われます。

・前述の物そのものを引き継ぐ it は「空の容器」のようなもの。
・時・天候・状況などを表す it は「空の背景」のようなもの。

このように it は「」のイメージを含んでいます。そのため、本物の替わりに仮に置かれる空の主語としても使うことができるわけです。

形式主語 it と to不定詞

形式主語 it を用いた It is interesting は「面白いです」という意味になります。しかし、主語が「空」なので、これだけでは何が面白いのかわかりません。そこで、to visit …と to不定詞を続けることで、何が面白いのかを説明しています。

to不定詞を主語にした場合

ここまで「まず形式主語 it を用いて、後でその正体を to不定詞で説明する」という英文の流れについて説明をしてきました。しかし、なぜ最初から to不定詞を主語にしないのか不思議ですよね。そこで、to不定詞を主語にした場合についても確認しておきましょう。

例文:To visit foreign countries is interesting.(外国の国々を訪れるということが面白いのである)

この例文は文法的に間違っていませんが、自然な表現ではありません。なぜなら、to不定詞を主語にもってくると、堅苦しく大げさなニュアンスが出てくるためです。

to不定詞を主語にもってくると、to の「指し示す」イメージから「あの行為こそが!」というように特別に取り上げる感じになります。ここから堅苦しく大げさなニュアンスが発生しているわけです。

■ to不定詞が主語にくる文例

To err is human, to forgive (is) divine.(間違えることが人間であり、許すことが神である/過ちは人の常、許すは神の業)【詩の一節】
To know her is to love her.(彼女を知ることが彼女を愛することになる/邦題名「会ったとたんに一目ぼれ」)【Beatlesの楽曲名】

形式主語を用いるパターン

形式主語を用いたもので、よく出てくる表現を確認しておきましょう。

・It is easy to do(~することは簡単です)
・It is difficult to do(~することは難しい)
・It is impossible to do(~することは不可能です)
・It is interesting to do(~することは面白い)
・It is nice to do(~することは良いです)
・It is dangerous to do(~することは危ない)
・It is important to do(~することは重要です)

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

It is ~ for A to do(…することは A にとって~です)

例文:It is difficult for me to read the book.(その本を読むのは私にとって難しい)

It is difficult(難しいです)→ for me(私にとって)→ to read the book(その本を読むことは)という意味になります。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ