第36章 接続詞 if, because

このページの読了時間:約438

接続詞 if は「もし~なら」という意味で、単なる前提条件を述べるときは動詞は現在形を使うことがポイントです。接続詞 because は「~なので」という意味で、when や if と異なり、文の最初にもってくることはあまり推奨されていないことも押さえておきましょう。

imagelink_banner1

接続詞 if

例文:I will play soccer if it is sunny tomorrow.(もし明日晴れたら、私はサッカーをします)

if it is sunny tomorrow は「もし明日晴れたら」という意味です。この if は接続詞として働いており、意味は「もし~なら」です。

■ if は文の最初にもってくることができる

例文:If it is sunny tomorrow, I will play soccer.(もし明日晴れたら、私はサッカーをします)

接続詞 when と同じように、if も文の最初にもってくることができます。ただし、if を文の最初にもってきたときは、場合分けのようなニュアンスが強くなります。

「晴れだったらサッカー、雨だったら家でゲーム」のような感じで、サッカーをしない場合も視野に入れた表現になるので、「サッカーをしよう!」という気持ちは少しトーンダウン気味になります。

will ではなく動詞の現在形が使われる理由

(×) I will play soccer if it will be sunny tomorrow.(もし明日晴れるだろうなら、私はサッカーをします)

さきほどの例文との違いは、if文の中で will が使われていることですが、こちらは誤文となります。

tomorrow があるからといって will を入れないようにしましょう。「未来=will」ではありません。あくまで will が表すのは「こうだろう、こうしよう」という「思い」です。

そのため will を入れると、今回の誤文のように「明日晴れるだろうなら」となって、前提条件がはっきりしなくなってしまうことがよくあります。

if文で「そのことが起きるなら…」と単なる前提を言いたい場合は、動詞の現在形を使うことに注意してください。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

接続詞 because

例文:I went to bed early because I was tired.(私は早く寝ました、その理由は疲れていたからです)

because I was tired は「その理由は疲れていたからです」という意味です。この because も接続詞として働いています。

because は「その理由は~だから」と、理由を述べるときに使います。また、because の後には「聞き手がまだ知らない情報」をもってきます。

■ because を文の最初にもってくるのは非推奨

(△) Because I was tired, I went to bed early.

because は when や if と異なり、文の最初にもってくるのは推奨されていません。どうして非推奨なのか、その理由を because の成り立ちから説明しておきましょう。

because は元々 by(~によって)+cause(理由、原因)から成り立っている単語です。そのため、because を文の最初にもってくるのは、by を文の最初にもってくるのと同じような感じになります。

しかし、by the way(ところで)のような慣用句を除き、by のような前置詞から文を始めることは英語では稀です。これと同じような感覚で、because を文の最初にもってくることは非推奨となっているわけです。

なお、さきほどの例文に対応する自然な日本語訳は「私は疲れていたので、早く寝ました」になります。日本語から英語を考えると because から文を始めがちになってしまうのでご注意ください。

ーーー

imagetrace_banner1

ことばの研究室

■ because は to不定詞を使うときの感覚に似ている

今井 because の語源が by + cause で、だから文頭にもってきにくいという説明はなるほどなと思いました。

遠藤 実は、because を使うときの感覚は to不定詞を使うときの感覚に似ているところがあるのですよ。

今井 えっ、どういう感覚ですか?

遠藤 結論から言うと「いきなりぶん投げて、後で足りていない情報を補う」という感覚です。次の例文で確認してみましょう。

例文:Taro was busy because he had a lot of homework.(太郎はたくさん宿題があったので忙しかった)
例文:Taro was surprised to know the truth.(太郎は真実を知って驚いた)

今井 あー、Taro was busy や Taro was surprised のようにいきなりぶん投げておいて、後でその理由を説明するってパターンですね。確かに同じような感覚になりますね。

遠藤 私たち日本人的には「ちょっともったいぶって、聞き手を引きつけてやろう」というくらいの感覚で使うとちょうど良いと思いますよ。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ