第32章 call(人を~と呼ぶ)などの動詞【SVOC】

このページの読了時間:約142

imagelink_banner1

call(人を~と呼ぶ)の文

例文:I call him Taro.(私は彼を太郎と呼びます)

call him Taro は「彼太郎と呼ぶ」という意味です。call+人+名前 で「人を~と呼ぶ」という意味になります。

この表現は call の影響が残って、人(物)と名前を結びつけたものです。人(物)と名前の間に見えないイコールがありますが、その正体は動詞 call の余波だというわけです。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

make(人を~にする)の文

例文:Music makes me happy.(音楽は私を幸せにする)

make me happy は「私幸せにする」という意味です。make は「作る、作り出す」イメージの単語で、make+人+状態 で「人が~の状態になるように作り出す」→「人を~にする」という意味になります。

この表現も make の影響が残って、人(物)と状態を結びつけたものです。人(物)と状態の間に見えないイコールがありますが、その正体は動詞 make の余波です。

imagetrace_banner1

文型SVOC

例文:I call him Taro.(私は彼を太郎と呼びます)

補語は「イコールでつながっているもの」でしたね。この場合は、him = Taro となっているので、Taro は補語(目的語 him の補語)になります。

例文のように主語+動詞+目的語+補語となる英文を、それぞれの頭文字を取って「SVOC の文」と呼びます。

なお、今回と前回で「SVOO の文」「SVOC の文」を習いましたが、重要なことは動詞の働きが貫通したり、影響が残ったりすることです。

その単語が目的語なのか、補語なのかという区別はその次に考えることです。動詞の余波がイコールとして働いているなら補語矢印として働いているなら目的語となります。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ