第19章 過去形(be動詞)

このページの読了時間:約117

一般動詞の過去形に続いて、be動詞の過去形を見ていきましょう。今回は「am/is → was」と「are → were」を覚えればOKですよ。

imagelink_banner1

be動詞の過去形

例文:I was busy.(私は忙しかった)

was は be動詞の過去形です。be動詞の過去形は、過去の状態や存在を表すときに使います。

be動詞の過去形は、人称によって形を変えて使います

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

be動詞の過去の否定文・疑問文

■ 否定文

例文:I was not busy.(私は忙しくなかった)

be動詞の過去の否定文のつくり方は現在形と同じで、be動詞の後に not を入れてつくります。なお、短縮形は was not → wasn’t、were not → weren’t となります。

■ 疑問文

例文:Were you busy?(あなたは忙しかったですか?)

be動詞の過去の疑問文のつくり方も現在形と同じで、be動詞を主語の前に出してつくります。

■ 疑問文への答え方

疑問文:Were you busy yesterday?(あなたは昨日忙しかったですか?)
答え:Yes, I was.(はい、忙しかったです)
答え:No, I wasn’t.(いいえ、忙しくなかったです)

be動詞の疑問文には、be動詞で答えます。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ