第16章 命令文

このページの読了時間:約34

imagelink_banner1

命令文とは

ふつうの文:I open the window.(私はその窓を開けます)
命令文:Open the window.(その窓を開けなさい)


英語の命令文は「~しなさい」という意味を表します。命令文では、主語を省略し、動詞は原形を用います。

しかし、どうして「主語を省略し、動詞は原形を用いる」ことで、命令文の「~しなさい」という意味が出てくるのでしょうか。「主語の省略」と「動詞は原形」の2つに分けて確認していきましょう。

まず「主語の省略」について。ふつうの文では「主語+動詞」と並べることで状況を描写しています。しかし、命令文には主語がありません。そのため、動詞の表す動作が聞き手にストレートに提示されることになります。

次に「動詞は原形」について。ふつうの文に出てくる open は「do」と「原形 open」が組み合わさったものです。この「do」の働きは「主語を引きつけること」ですが、それは「主語を状況の中に埋め込む」→「主語とセットの動詞も状況に埋め込む」ことでもあります。

さて、命令文の方には「状況に埋め込む」働きをする do がありません。そのため、命令文における「原形 open」は「状況の中に埋め込まれていない動作」、つまり「まだ現実のものになっていない動作」ということになります。

以上の2点をまとめると、「主語を省略し、動詞は原形を用いる」ことで、「まだ現実のものになっていない動作を聞き手にストレートに提示する」ことになります。

ここから命令文の「~しなさい」という意味が出てくるわけです。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

命令文のもつ様々なニュアンス

ふつうの文:You are a good boy.(あなたはよい子です)
命令文:Be a good boy.(よい子にしていなさい/よい子でいるんだよ)


be動詞(am, are, is)の原形は be です。be動詞の文でも、主語を省略し、動詞は原形にすることで「~しなさい」という意味を表すことができます。

さて、英語の命令文は、まだ現実のものになっていない動作を聞き手にストレートに提示する文です。そのため、口調によって「命令」以外のニュアンスを表すこともできます

例文の Be a good boy. で考えてみましょう。たとえば、公共の場で騒いでいる男の子に対して Be a good boy! とキツく言えば「よい子にしていなさい!」という命令的なニュアンスになります。

一方で、出張などで家をしばらくあける父親が息子に対して Be a good boy. と穏やかに言えば「よい子でいるんだよ」という確認的なニュアンスになります。

このように同じ命令文でも、口調によってニュアンスは変わります。命令文がもつ様々なニュアンスはイラストで確認しておいてください。



imagetrace_banner1

否定の命令文

例文:Don’t open the window.(その窓を開けてはいけません)

Don’t+動詞の原形」という形で、「~してはいけません」という禁止の意味を表します。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

その他の命令文 Let’s

例文:Let’s play soccer.(サッカーをやりましょう)

Let’s+動詞の原形」という形で、「(一緒に)~しましょう」という勧誘の意味を表します。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ