第6章 代名詞の主格・所有格・目的格、所有代名詞

このページの読了時間:約129

名詞の代わりに人や物を指し示すのが代名詞です。たとえば、Mike(マイク)という人に関することを述べたいとき、1回目は Mike で表しますが、2回目以降は He(彼)のような代名詞を用いるわけです。ここでは、よく出てくる代名詞をざっと確認しておきましょう。

imagelink_banner1

代名詞の主格

代名詞の主格とは、文の主語として使われる代名詞のことです。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

代名詞の所有格

例文:This is my book.(これは私の本です)

例文の my を「所有格」と呼びます。所有格は「~の」を表します。

a/an と所有格

誤文This is a my book.

a my のように a/an と所有格を並べて使ってはいけません

人や物の所有を表すとき

例文:This is Taro’s book.(これは太郎の本です)

人や物による所有は、名前に「‘s」(アポストロフィ)をつけて表します。

imagetrace_banner1

代名詞の目的格

代名詞の目的格とは、動詞の目的語などとして使われる代名詞のことです。

例文:I know him.(私は彼を知っています)

例文の him を「目的格」と呼びます。目的格は「~を、~に」を表します。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

所有代名詞

例文:The book is mine.(その本は私のものです)

例文の mine を「所有代名詞」と呼びます。所有代名詞は「~のもの」を表します。

代名詞のまとめ一覧表

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ