第4章 名詞(単数形と複数形)

このページの読了時間:約215

動詞の次は名詞を見ていきましょう。何かの物を表すとき、英語ではその物の「輪郭」と「中身」をわけて考えることがポイントになります。

imagelink_banner1

名詞とは

例文:I play soccer.(私はサッカーをする)

例文における soccer が名詞です。英語の名詞は、その名詞がどういうものなのか(中身やコンセプトなど)を表します。

コンセプトとは、たとえば「サッカーって何?」と聞かれたときに答えるような内容と考えるとよいでしょう。サッカーの場合は「ボールを相手のゴールに入れたら1点」「ゴールキーパー以外の選手は手をつかってはいけない」などが挙げられます。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

名詞の単数形

例文:I like chicken.(私は鶏肉料理が好きです)

例文における chicken を「名詞の単数形」と呼びます。

名詞が単数形だけで使われる場合は、その名詞の中身やコンセプトなどを表します。chicken の場合は「鶏の中身」→「鶏肉」という意味を表しますが、慣用的に「鶏肉料理」の意味でよく使われます。

imagetrace_banner1

単数の表し方

例文:I have a chicken.(私は1羽の鶏を飼っています)

例文のように a chicken で「1羽の鶏」という意味になります。

a輪郭をもたせるような働きをします。「輪郭+中身」という組み合わせで、「輪郭をもった鶏」→「1羽の鶏」を表しているわけです。

英語では、このように「a+単数形」の形で「1つの○○」を表します。

・a dog(1匹の犬)
・a boy(1人の男の子)
・an apple(1個のリンゴ)

名詞が母音(a, e, i, o, u)の音で始まる場合は、a の代わりに an を用います。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

複数の表し方(複数形)

例文:I have two chickens.(私は2羽の鶏を飼っています)

例文のように two chickens で「2羽の鶏」という意味になります。chickens を「名詞の複数形」と呼びます。

chickens は「鶏たち」という意味です。two という2を表す枠に、1羽1羽の鶏を入れることで「2羽の鶏」を表しているわけです。

特別な形の複数形(esなど)

多くの名詞の複数形は -s をつけるだけですが、それ以外に -es をつけるパターンなどもあります。一般動詞の3単現のときとだいたい同じなので、一緒に覚えるとよいでしょう。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ