§6-2 先にモノを宣言、すぐ後で内容を説明

このページの読了時間:約359

※本記事は書籍『英会話イメージリンク習得法』の一部をWeb公開したものです。

関係代名詞を用いて「先にモノを述べ、そのあと内容を説明する」という英語ならではの英文の作り方を解説します。

whoのはたらき(関係代名詞)

Mamoru On Sunday, I went to several car dealers. I didn’t care for the guyʼs attitude who showed me the Japanese model I liked. He was arrogant, as if he had no interest in selling the car to me. In comparison, the Mercedes salesperson was pleasant and explained things politely. He was a good guy.
From「A Heartwarming Family」Story.5『Talking about hobbies』

I didn’t care for the guy’s attitude who showed me the car01)the Japanese model I likedをthe carに置き換えています.

まず例文にあるwhoとforについて解説をしておきましょう。

whoはここまで出てきたものとは少し違う単語で、基本イメージは「人を入れるためのブラックボックス」です。このボックスに入るのは1人に限りません。人であれば何人でも入れられるボックスです。

次にforの基本イメージは「両腕を広げたときに腕と腕がつくりだす領域とその方向」で、図にすると「扇形」のイメージになります。toが到達点(ピンポイント)を表していたのに対して、forはその範囲内といったように幅をもたせて使うことができます。

例文ではwhoがthe guyを引き寄せて、そのブラックボックスに入れています。イメージで表すと次のようになります。

ここでも体を使ってイメージを深めていきましょう。

  • 1.Iと言って、自分の胸に手をあてます。
  • 2.didnʼt careと言って、手を前方へ向けていきます。
  • 3.forと言って、その方向に両腕を広げます
  • 4.the guyʼs attitudeと言って、その範囲内に想像上の「その男」の態度を出現させます。
  • 5.すぐにwhoと言って、手を「その男」に向けて焦点を合わせ直します
  • 6.showedと言って、手をその男から別の方向(この場合、自分の方向)に向けます。
  • 7.meと言って、自分の胸に手をあてます。
  • 8.the carと言って、手を胸の前で上にして、そこに車を出現させます。

ステップ5で「すぐにwhoと言って」と述べていますが、この理由を話し手の気持ちになって考えてみましょう。

ステップ4までで話し手は「その男の態度が気に入らなかった」と述べています。しかし、これだけでは「その男って誰?」と聞かれるのは目に見えています。だから、すぐに説明を加えないといけないと考えて、the guyを引き寄せるwhoを使うわけです。このように「そのままでは情報が足りていない」という話し手の気持ちによってwhoが使われるわけです。

このようなwhoの「引き寄せる力」がthatの「遠くを指さす」と同じような働きをして文をつないでいるわけです。

なお、文法では例文のようなwhoは関係代名詞と呼ばれます。しかし、ここでも重要なのは名称ではなく、whoを使うときの話し手の気持ちです。段階的音読・暗唱で練習するときにはI didn’t care for the guy’s attitudeで止めてしまったときの不完全感をしっかりと味わって、whoをつなげるようにしてください。

日本語訳
日曜日にショールームを見に行ったんだけど、気に入ってる日本車の営業の奴は、なんだか上から目線で売る気がないっていうか、感じが悪かったんだ。それに比べてベンツの営業マンは腰が低いし、説明も丁寧にしてくれて感じが良かったんだよ。
「ほのぼの家族」Story.5『趣味の話』より

▶次のセクションはこちら

§6-3 先にモノを述べて、すぐ後で状態を説明
前置詞を用いて「後で状態を説明する」という英語ならではの英文の作り方を解説します。

【宣伝】

基本的な英単語のコアイメージをつかむことはとても大切!一日一つ基本英単語のコアイメージを学んでいける英会話教材『英会話エクスプレス6ヶ月コース』を使えば、無理なく英語のイメージを貯金していくことができます。詳細はこちら

imagelink_banner1 imagetrace_banner1 experss_6months

注釈   [ + ]

01. the Japanese model I likedをthe carに置き換えています

シェアする

Masayoshi Endo
英語と日本語の研究をしています。専門分野は認知言語学です。著書は『英会話イメージリンク習得法』『英会話イメージトレース体得法』、英会話教材『英会話エクスプレスシリーズ』。英会話エクスプレス出版代表。日本認知言語学会所属。