§5 結論を表す動詞のはたらき

このページの読了時間:約043

※本記事は書籍『英会話イメージリンク習得法』の一部をWeb公開したものです。

第5章では英語と日本語を比較して、英語がどのような特徴を持っているのかを述べていきます。その後、「結論部分」を表す動詞について詳しく確認していきます。

§5-0 英語の特徴、日本語の特徴
英語と日本語、それぞれどのような特徴を持っているのかストーリーを元に解説しています。
§5-1 先に結論、後で説明
英語の特徴「先に結論、後で説明」と、日本語の特徴「先に周辺、後で結論」をイメージを交えながら解説しています。
§5-2 be動詞と一般動詞のはたらき
英語では動詞が後ろに何の単語をもってくるのかを決めています。そのような重要な動詞には「be動詞」と「一般動詞」の2種類があるので、それぞれについて詳しく解説しました。
§5-3 動詞の派生語
動詞の派生語として現在分詞と過去分詞があります。現在分詞と過去分詞が何を意味しているのかを解説しました。