第9章 英語の原始的構造

このページの読了時間:約125

第8章の最後に英語における時制感覚を説明しました。そのときに「時制の一致」というルールを取り上げましたが、ルールを覚えるのではなく、そもそものモノの見方が違っていることを捉えてほしいという話をしました。

英語では話し手はpresentに自分を常に縛り付けます。あちこち動き回らずにpresentの立ち位置から見た言い方で話します。日本語の話し手は話の内容によって立ち位置を変えます。過去の話をするときはその過去の場面に入り込んで話をします。英語と日本語訳の時制にズレが発生するのはそのためです。

この章では時制のズレから一歩進めて、英語の原始的な構造について見ていきましょう。

第1節 話し手の立ち位置
【1】日本語は場に入り込む では、ここからは「話し手の立ち位置」を取り上げていきたいと思います。話の内容によって場に入り込んで...
第2節 subjectと主語
先ほど「話し手の立ち位置」のところで述べたように、日本語と英語の大きな違いはプレイヤーを表すモノが画面上に見えているか見えていないかでした。...
第3節 英語の原始的構造
ここまで英語の語順はインベーダーゲームの「自機が、撃つ、敵を」であると説明してきました。この「自機」がsubjectだったわけです。ここから...
第4節 静・動で英文を理解する
【1】強調構文 Kaho There you go again. You're always worry...
imagelink_banner1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加