第29章 動名詞

このページの読了時間:約436

動名詞は「動詞のing形」の形で、「~すること」という意味を表します。to不定詞の名詞的用法と同じ日本語訳になりますが、ニュアンスには違いがあります。その違いを確認しておきましょう。

imagelink_banner1

動名詞とは

例文:I like playing soccer.(私はサッカーをすることが好きです)

playing soccer は「サッカーをすること」という意味です。この playing を「動名詞」と呼びます。

動名詞は現在分詞と同じ「動詞のing形」ですが、その意味や役割が異なっているので区別されています。

動名詞は「(まさに)~すること」を表します。動名詞の特徴として「名詞と動詞をあわせもつ」ことが挙げられます。動名詞は何かしているところを写真で切り取ったイメージで捉えるとよいでしょう。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

動名詞と to不定詞の違い

動名詞:I enjoy playing soccer.(私はサッカーをすることを楽しんでいます)
to不定詞:I want to play soccer.(私はサッカーをすることを欲する/私はサッカーをしたい)

動名詞と to不定詞は同じ「~すること」と訳されますが、ニュアンスには違いがあります。結論から言うと、動名詞は「これまでのこと」を表しやすく、to不定詞は「これからのこと」を表すときによく用いられます。なぜそうなるのか、それぞれ説明しておきましょう。

動名詞には「まさにその動作」というリアルなニュアンスが含まれています。この「まさにその動作」は過去の経験などによって描かれることが多いので、「これまでのこと」というイメージと結びつきやすいわけです。

一方で、to不定詞は「向かう先にある動作」というイメージのものです。これから先にある動作として「これからのこと」というイメージと結びつきやすいわけです。

imagetrace_banner1

動名詞と to不定詞の使い分け

動名詞は「これまでのこと」、to不定詞は「これからのこと」というニュアンスの違いから、「目的語に動名詞を主にとる動詞」と「目的語に to不定詞を主にとる動詞」に分かれます。それぞれ代表的な例を確認しておきましょう。

■ 動名詞を主にとる動詞

・enjoy -ing(~することを楽しむ)
・finish -ing(~することを終える)
・stop -ing(~することを止める)

■ to不定詞を主にとる動詞

・want to ~(~することを欲する、~したい)
・hope to ~(~することを望む)
・decide to ~(~することを決心する)

また、目的語に動名詞をとるか、to不定詞をとるかで意味が変わってしまう動詞もあります。こちらも代表的な例を確認しておいてください。

■ 動名詞と to不定詞で意味が変わる動詞

・remember -ing(~したことを覚えている)
・remember to ~(~することを覚えている)

・forget -ing(~したことを忘れる)
・forget to ~(~することを忘れる)

I’ll never forget visiting Hawaii.(私はハワイを訪れたことを決して忘れません)
Don’t forget to turn off the light.(明かりを消すのを忘れないでね)

ーーー

ことばの研究室

■ 英語に対する感覚を死なせないことが大事

今井 説明を聞いていて、中学校で「stop の後は動名詞にしなければいけません」と教えられたのを思い出しました。僕はこういう押しつけがすごく嫌いで、そう言われる度に「なんでだよ」ってイライラしていたんですよね。

遠藤 なんとなく想像できますね(笑) でも、納得できないことはなかなか素直に受け取れないですよね。

今井 それもありますし、押しつけられた途端に僕の中で英語に対する感覚が死んでしまうんですよね。

 たとえば、It will stop raining soon.(きっとすぐに雨がやむだろう)という英文であれば、raining という単語に「雨が降っている」というニュアンスが含まれているはずですよね。降っている雨が止むわけだから、stop raining になるのは当たり前だと思うんです。

 それが「覚えなさい」と言われた途端に、そういうイメージが描けなくなってしまう。とりあえず、stop だから raining にしておくかってロボットみたいな反応しかできなくなってしまうんです。

遠藤 どんな表現でも人間が使っている以上、「なるほど一理あるな」と感じるところがあるはずですからね。

 本文でも述べましたが、want は「これから先に~すること」をしたいから to不定詞をとります。enjoy は「いま(or これまで)~していること」を楽しむので動名詞をとります。それだけのことなんですよね。

今井 ルールというより、あくまで自然なことですよね。

遠藤 そうですね。人間的な感覚に合わない表現は自然と淘汰されていくので、いま残っている表現にはそれなりに妥当性があるはずです。なので、釈然としないルールが提示されたときには、その背景を考えてみると面白いと思いますよ。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ