第21章 that節

このページの読了時間:約521

今回のテーマは「that節」です。that節なんて聞くと、急に難しそうな気がしてしまいますよね。でも、その正体は I think that ~(私は~だと思う)の「that ~」部分のことです。ここでは、この that がどういう働きをしているのかを説明します。

imagelink_banner1

that節とは

例文:I think that Taro is busy.(私は太郎は忙しいと思う)

I think that ~. は「私は~だと思う」という意味になります。また例文の that Taro is busy の部分を「that節」と呼びます。

例文は I think(私は思う)→ that(その内容は…)→ Taro is busy(太郎は忙しい)という流れになっています。I think that の that はこれから考えている内容を述べる「目印」になっているとも言えます。


■ that節をよくとる動詞

・I know that ~(私は~ということを知っている)
・I hope that ~(私は~ということを望んでいる)
・I believe that ~(私は~だと信じている)
・I realized that ~(私は~だとわかった)
・I said that ~(私は~だと言った)

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

that の省略

例文:I think Taro is busy.(私は太郎は忙しいと思う)

think の後にはたいてい「考えている内容」が続くので、目印の that がなくても基本的に問題にはなりません。このため、that節の that はよく省略されます。

imagetrace_banner1

時制の一致

例文:Taro said that he was busy.(太郎は忙しいですと言った)

太郎が話した内容がそのとき忙しかったことであれば、he was busy のように過去形を使います。これを「時制の一致」と呼びます。

しかし、英語だけを見ればわざわざ「時制の一致」と呼ぶほどでもない気がしますよね。実はこの「時制の一致」は、日本語と英語のズレを説明したものなのです。

英語では said(過去形)と was(過去形)と時制が一致していますが、日本語では「忙しいです」(現在形)と「言った」(過去形)のように時制がズレています。

時制の一致とは、日本語から英文をつくるときに、日本語の時制に引きずられて He said that he is busy. としないように気をつけるべき注意事項というわけです。

I think Mr. Imai likes udon.(今井くんはうどんが好きだと思う)
I knew that he was a student.(私は彼が学生だと知っていた)

ーーー

ことばの研究室

■ that(あれ)が that節として使われる理由

今井 that って「あれ」という意味だったと思うんですが、どうして that節のような使い方が出てきたんでしょうか?

遠藤 今井くんの言う通り、元々 that は遠くを指さして「あれ、あの」と指示する単語でした。ポイントは、この「遠くを指さす」のが距離的に遠いものだけではなく、心理的に遠いものに対しても使えるということです。

今井 心理的? うーん、具体例をあげてもらえますか?

遠藤 たとえば「まだ知らないこと」などは遠くにあるように感じられますよね。

今井 あー、「知っていること」が身近にある感じなのと逆ですね。

遠藤 そうです。I thik that の that は、聞き手から心理的に遠い「私の考え」(=聞き手がまだ知らないこと)を指さして、その内容を導く働きをしているわけです。

■ 時制の一致に見る日本語と英語の違い

今井 時制の一致って大嫌いな英文法の1つだったのですが、いま聞いてみるとそんなに難しい内容ではなかったのですね。むしろ、話した内容が過去のことだったら過去形にするって当たり前のことですよね。

遠藤 そうですね。時制の一致は日本語と英語におけるズレを説明したものなので、日本語と英語を行き来するときに知っておくとよいことです。

今井 日本語と英語でズレているということですが、これも物の見方の違いからきているのですか?

遠藤 その通りです。せっかくなので、以下の文で日本語と英語でどのように物を見ているのかを確認しましょう。

例文:Taro said that he was busy.(太郎は忙しいですと言った)

 まず日本語訳のイメージから説明しますね。「忙しいです」の部分ですが、これはいまその場で太郎がそう話している感覚で使われています。そして、「と言った」の部分で、話し手がその内容を過去のことにしているわけです。

今井 現在形で「忙しいです」と述べた内容自体を、「と言った」で過去のことにしてしまっているんですね。

遠藤 そうです。日本語では内容に応じて視点が切り替わっているとも言えます。「忙しいです」は太郎の視点で表現されたもので、「と言った」は話し手の視点で表現されたものです。

 このように日本語ではその場その場に入り込んで、そこでの内容をそのまま再現するので、過去の話であっても「忙しいです」のような現在形が混じってくるのです。

今井 なるほど。これまで意識したことはありませんが、言われてみればそうですね。

遠藤 次に英文のイメージを説明します。Taro said that なので、太郎が言ったのは過去のことです。そして he was busy で太郎が言った内容もそのまま過去のこととして述べています。

 つまり、英語では常に現在から物事を眺めています。立ち位置が動かないので said、was と両方とも過去形になっているわけです。

今井 英語ではその場に入り込まずに、常に一歩引いた状態で見ているということですね。

遠藤 その通りです。このような物の見方の違いから、日本語と英語のズレが発生していたわけなのです。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ